よくあるご質問

Flex Seal®について

Flex Shot™はこちら

Flex Seal® は、建物の基礎や、お風呂場、クローゼット、屋根裏などに使えますか?

Flex Seal® は良く換気された空間でご使用下さい。
屋内でのご使用の場合はドアや窓を開け換気を良くしてご使用ください。
噴霧し乾くまでの間は換気が良いことをご確認ください。
また熱源の近くや火花等が散るような場所の近くでのご使用は絶対にしないで下さい。

Flex Seal® にはどの様な色がありますか?

Flex Seal® には黒、白、透明、赤、黄色、オレンジ、ブルー、グリーン、アーモンド、シルバーなどが有ります。
(現在日本での取扱いは黒・白・透明のみです。) 一旦乾けば、どの様なお色でも簡単に塗ることが出来ます。

どの様に使うのでしょうか?

マスキングテープや布でスプレー面以外を保護される事をお薦めします。
またFlex Seal® は良く換気された空間でご使用下さい。
屋内でのご使用の場合はドアや窓を開け換気を良くしてご使用ください。
噴霧し乾くまでの間は換気が良いことをご確認ください。
また熱源の近くや火花等が散るような場所の近くでのご使用は絶対にしないで下さい。
室内で広い範囲にスプレーされる際には、スプレー内の気体は空気よりも重いので熱源等がない場所でご使用下さい。
またスプレー缶の半分を超えるご使用の場合には、スプレーした場所が乾き、噴霧したスプレーの匂いが無くなった事を確認し、
1時間以上の間を開けてご使用下さい。
スプレー缶を良く振り、さーっとスプレーして下さい。全てのひび割れや穴が塞がるまで何回か吹きかけて下さい。
再度噴霧する場合は完全に乾くまで24時間お待ちください。水漏れや穴の開いている箇所より広い範囲にスプレーして下さい。
15度以上の環境でのご使用が効果的です。
作業中は缶を、時々振ってご使用ください。

FlexSeal® は、1缶でどの程度の広さを補修できますか?

上塗りの回数や噴霧する厚さにもよりますが、1缶で0.2~0.8平米位までの塗布が可能です。
さーっとスプレーし、完全に乾いた後に上塗りされることをお薦めします。
1回の噴霧より何回かに分けて穴やひび割れの箇所を塞がるまでスプレーすることをお薦めします。

どの様に使うのでしょうか?

缶を良く振り、スプレー箇所から30~40cm離してスプレーして下さい。
水漏れや穴の開いている箇所より広い範囲にスプレーして下さい。
15度以上の環境でのご使用が効果的です。
さーっとスプレーし、完全に乾いた後に上塗りされることをお薦めします。
1回のスプレーより何回かに分けて穴やひび割れの箇所を塞がるまでスプレーすると効果的です。
ご使用後は缶を逆さまにし、軽く噴霧ボタンを押しノズルを綺麗にして下さい。

乾くまでどれ位の時間が必要ですか?

温度や湿度、スプレーされた厚さにもよりますが、通常は2~3時間で乾き、24時間で完全に乾きます。
時間経過とともに塗布面は強く固まります。

どの程度の圧力に耐久しますか?

通常の水圧や雨圧には全く問題は有りません。

Flex Seal® はどの様な素材に使用できますか?

ほとんどの表面にスプレーできます。
例えば、木、金属、タイル、コンクリート、石、布、ガラス、プラスチック、アルミ、磁器、石壁、ラバー、セメント、ビニールなどほとんどの表面に使用可能です。

スプレーする表面が濡れていても良いのでしょうか?

はい、大丈夫です。
ただ表面にゴミなどの付着がなく乾いている方が効果的です。 
また表面が濡れていたり冷たいと乾くまでに時間がかかります。

雨の中でもスプレーしても良いのですか?

はい、大丈夫です。ただ乾くまでに時間がかかりますし、雨が強いとスプレーしても液体ゴムが雨で流される事があります。

Flex Seal® の耐用年数はどれ位ですか?

Flex Seal® はひび割れ、剥がれやその強い密閉性など失うこと無く何年(実験では25年)も持ちます。

Flex Seal® の塗布面は干上がったり、ヒビ割れたり、剥がれたりしないのでしょうか?

いいえ、干上がったり、ヒビ割れたり剥がれること無く、塗布面は柔軟性を保ちます。

夏の炎天下に塗布面がたわんだり、溶けたりしないのでしょうか?

いいえ、炎天下でも塗布面がたわんだり、溶けたりはしません。

Flex Seal® は何から出来ているのですか?

Flex Seal® はスプレーするために特別な製法で液状化された高粘度で耐久性の有るコーティング樹脂で、
ヒビ割れの隙間や穴に入り込み、乾くと防水性、柔軟性に優れたラバーコーティング剤です。

ブラシなどを使って塗装できますか?

はい、ブラシでもローラーでも塗装できます。
一旦乾けば必要に応じ再塗装も出来ます。

飲料用の水タンク内にも使用できますか?

いいえ、飲料水などが直接触れるような場所にはご使用にならないで下さい。

ラジエター、タイヤなど非常に高熱、高圧になる場所への使用はできますか?

いいえ、通常の水圧は大丈夫ですが高温・高圧になる場所へのご使用はしないで下さい。

ガソリンタンクへの使用は出来ますか?

いいえ、ガソリンタンクやオイルタンクなどの可燃性の場所・素材への使用はしないで下さい。

Flex Seal® クリアはオリジナルやブライトと同じ製法でしょうか?

Flex Seal® クリアは水漏れを素早いコーティング、シーリング、保護でストップしますが、クリアはその驚くべき透明性の為、
製法を変えており溶剤は少し薄く、コーティングも数回必要でしょう。

Flex Shot™について

Flex Seal®はこちら

Flex Shot™ はどの様に使うのでしょうか?

使用方法は非常に簡単です。
先ず、表面に付着している埃、グリースや油等を拭き取り乾かして下さい。
ノズルが塗布面に対して45度になるように本体を持ち、直接塗布面にノズル当てて押して下さい。
素早く塗布し、出る溶剤の厚さは押し加減や伸ばし加減で調節して下さい。

一旦塗布した後に溶剤を伸ばすことは出来ますか?

はい、指で塗布面を伸ばすことが出来ます。
ただ塗布後直ぐ乾き始める前に溶剤の付着加減を調整して下さい。
余分な溶剤は乾いたペーパータオル等で取って下さい。

Flex Shot™ はどれ位で乾くのでしょうか?

Flex Shot™ は他の数あるコーキング材やシーリング材より早く乾きます。
塗布後約20分で乾き、48~72時間で完全に乾きます。(気温・温度・湿度によります)

Flex Shot™ は無くなるまで何度も使用できますか?

はい、何度でもお使いいただけます。
但し、ご使用後はノズルの先端に3mm程度の溶剤をノズルに蓋をするために残して下さい。
固まったノズル先端の玉を取り、使用して下さい。

塗布後、指を使って塗布面を滑らかにしても良いのでしょうか?

はい、大丈夫です。
しかしFlex Shot™ の溶剤は滑らかですので敢えて指で伸ばす必要は有りません。

Flex Shot™ はどんな材料に使えるんですか?

Flex Shot™ は殆どの素材の表面に塗布出来ます。 
磁器、タイル、金属、ガラス、グラスファイバー、木材、花崗岩、石、大理石、繊維、室内装飾品、紙等など、表面に油やグリースが付着していない殆どの物にお使いいただけます。

Flex Shot™ の使用にコーキング用のガンは必要ですか?

いいえ、その様な道具は一切必要ありません。 
Flex Shot™ 本体は簡単に溶剤の塗布が出来る設計になっています。

濡れた表面の上からFlex Shot™ の塗布は出来ますか?

塗布面を綺麗にし、乾かしてお使い頂くことを推奨致します。
濡れた表面にも塗布は出来ますが、水に弱く剥がれます。

密室でも使用できますか?

出来ますが、非常に危険ですので、換気を良い空間でご使用下さい。

Flex Shot™ は洗剤などの使用で色褪せたり、乾いたり、ひび割れ、黄ばみ、劣化したりしませんか?

いいえ、大丈夫です。

Flex Shot™ での補修はどれ位持つのですか?

Flex Shot™ での補修は約30年位持ち、色褪せたり、乾き上がったり、ヒビ割れたり、黄ばみ、劣化はしません。

Flex Shot™ 1本でどれ位の長さの補修ができるでしょうか?

溶剤の厚さにもよりますが、Flex Shot™ 1本で約15~30mの長さの補修ができます。

異常な高温や低温にも耐えられますか?

はい、Flex Shot™ は約−60℃から180℃まで耐えられます。

飲料用の容器の補修に使えますか?

Flex Shot™ は飲料等の容器にはお使いにならないで下さい。

タイヤの補修や高圧になる場所の補修に使用できますか?

高い圧力の掛かる場所へのご使用はお控え下さい。

Flex Shot™ は何色ありますか?

クリア・ホワイト・ブラックの3色になります。

Flex Shot™ で補修した上から塗装はできますか?

Flex Shot™ 補修の上からの塗装はお薦めしていません。

Flex Shot™ は防かびの作用は有りますか?

はい、ホワイトは防カビ剤が配合されています。

大きな穴も塞ぐことが出来るのでしょうか?

はい、出来ます。以下簡単な使用方法です。

1. 水に直接触れる側にFlex Shot™ を塗布します。
(例えば、水バケツの穴をふさぐ場合は、バケツの内側に塗布します。)
2. 厚紙や金網などで穴を覆います。
3. Flex Shot™ でその穴を覆うように塗布します。
4. Flex Shot™ が固まれば穴は塞がれています。

ノズルは再利用できますか?

はい、ノズルは再利用できます。
使用後は、本体の残りの溶剤が固まらないように(中身に空気が触れないように)ノズルの先に3mm程度の溶剤を残して下さい。
再度利用されるときにはノズルの先の固まった溶剤を取ってお使い下さい。

ノズルは溶剤を太く出したいときに切っても良いのでしょうか?

はい、調度良い太さの溶剤が出るようにノズルを切ってお使い下さい。

ノズルはどの様に外したら良いのでしょうか?

ノズルはスクリュー式で本体に付いています。
時計と反対回しに回してノズルを外して下さい。
絶対に引っ張らないで下さい。

缶本体の底に黒のゴムが付いているのはなぜですか?またそれは何のためでしょうか?

Flex Shot™ は高圧ガスが本体内に封入されています。
本体底の黒のゴムで圧力が抜けないように栓がされています。
黒ゴムを取り外すと缶内部のガスが抜けてしまい溶剤が出なくなりますので絶対に抜かないようにして下さい。

Page Top